FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
猫写真(神戸市灘区産)
ナダ猫。
灘区大内通よりお送りいたします。笑

猫_070408_1

ん? どこどこ?
どこでよんでるの?


猫_070408_2

ん? こっちかな?


猫_070408_3

はっ。そっちからかっ。


みたいな。笑
スポンサーサイト
猫(+犬)
とうとう4月です。

風邪をひいたりしたせいもありますが、2月と3月がすごい速さで過ぎていった気がします。
もう今年の1/4が終わってしまっている事実に愕然としていまいそうです。笑

さて。
土日は猫の日。というわけでもないのですが、週末はハシヤスメ的記事を書くことが多くなりました。


こちらは大阪市立住まいのミュージアムにある「大阪くらしの今昔館」の展示。

猫_070331_3

江戸時代のまちなみを再現した実物大セットの中の、瓦屋根で対決中のミケと白黒。もちろん作り物ですよ。笑
でも連れて帰りたくなってしまいます。(それはドロボー。笑)


そして、おまけ。
猫_070331_4

犬もいます。笑
猫(平面と立体)
大阪の天神橋筋商店街の近くのビル。

赤丸の部分、下は壁画の猫(平面)、上は黄色い玉を追って落ちる白猫(立体)。
猫_070331_1


壁画の方の拡大はこんな感じです。
猫_070331_2


見返り猫っぽいですね。
この建物はギャラリーが入っているらしく、だからこんなちょっとした遊びゴコロを建物の外壁に加えてるんでしょうね。

発見すると、ちょっと楽しい気分になります。
猫だらけ
デイリーポータルの記事で、
「タイの猫まみれトイレ」というのがあって、
垂涎状態で熟読していた私。笑


行ってみたいものです、タイ。(猫トイレのためだけでもいいから)

外国の猫といえば、昔、NHKで「マルタの猫」という番組をやっていて、それも録画して残しています。
その番組で出ていた猫も載っている 「マルタ 幸せな猫の島」 という新美敬子さんの写真集も持っていたりします。

これです、写真集。
猫_070325_4

こんな猫が載っています。
猫_070325_5


猫の島というのは日本にも結構ありますね。
23日付の朝日新聞夕刊に、こんなのもありました。
猫_070325_2


佐賀県の加唐島(かからじま)というとこで、犬が一匹もいない、猫だらけの島だそうで。
ここはきっと近いうちに行ってしまう気がします。笑


余談ですが。
最近購入したハンカチが、猫(と鳥)柄でした。
かなり気にってるんですが。

猫_070325_3


さらに余談ですが。

猫の飼えない私は、人の猫の画像を送ってもらって、待ち受けにしたりしてるんですが。
最近もらった画像、新着メールが来ると、「目線写真」になってしまうことに気がつきました。笑

猫_070325_1

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

猫写真(神戸・岡本~青木産/その2)
神戸・東灘区の岡本・本山・青木界隈の猫写真つづき。


ひさしの上も猫のもの。

猫_070318_4


まだ若い猫らしい。

猫_070318_5


このあたりはそこかしこに猫がいる。
海が近いから?

最後は、公園散歩中の猫。

猫_070318_6

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

猫写真(神戸・岡本~青木産)
神戸・東灘区の岡本・本山・青木界隈を歩いて撮影した猫たち。
ネタをひろいつつ、猫写真もひろいつつ。笑


屋根の上はもちろん猫のものである。笑

猫_070318_1


このクロは飼い猫らしく、近づいても動じない。

猫_070318_2


二匹いる・・・のが分かるでしょうか?
分かりますね。笑

猫_070318_3


明日は後編を。笑

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

猫ピンズ、猫ハンコ。
大型文房具店でたまたまみつけた猫ピンバッジがあまりにカワイイのでどこで作ってるのかなあと調べてみたら。
ほかにもいろいろカワイー猫グッズを販売しているトコロでした。

↓ ↓ ↓

ポタリングキャット


猫ピンズと、猫ハンコが何ともかわいくて、かわいくて。笑
Tシャツの柄なんて、セロテープにいたずらしてる猫3匹。たまりませんよー。笑


商業目的でない個人ブログでの画像使用はよいとのことなので…。
ポタリングキャット


猫スキなら、ぜひともご覧あれ。
まずは猫など。
猫_鶴橋
(写真:大阪市・鶴橋の市場路地の黒猫)


仕事でばたばたとしていましたが、何とか落ち着きそうなので、明日からブログ再開したいと思います。
猫写真(沖縄産)
沖縄旅から戻りましたので、
沖縄猫の写真などでハシヤスメを。


友達があまりいないらしく寂しいのか、
ずいぶんと人間に馴れているチビメス。
沖縄猫01
ちなみにこの模様の猫は旅の途中でよく見かけた。
(本島北部の本部町のコーテジ近くで)


絵のように緑と一体化している。笑
一瞬気がつかなかったくらいだ。
沖縄猫01
(本島北部の備瀬集落の浜辺で)


顔つきに特徴アリ。
沖縄猫01
市場にいるだけあって、近づいても動じない。
(那覇市の農連市場にて)

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

猫写真(淡路島産)
仕事で淡路島の南のはしっこ、南あわじ市の伊毘というまちへ。

そこの海水浴場のそばのコミュニティセンターにいたのがこの猫。

淡路猫01
伊毘はいぶし銀の淡路瓦産地としても有名なところで、このセンター前の花壇も瓦を使って装飾している途中。


どうやらシャムの血が入っているらしい。

淡路猫02
寒いのをガマンして目を閉じると、顔が真っ黒で目鼻がよく分からない。笑


近づいてみても、やっぱり分からない。笑

淡路猫03

ずびっ、と音がして、鼻水が……。(私の、ではなく、猫の)
この猫、どうやら風邪をひいているようで。

野良猫業も大変だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。