FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢095話「紙隠し」
こんな夢をみた。

どこかの部屋に、5人の男女と共にいる。
その中の一人が用意した段ボール箱には、筒状に丸めた紙がいくつも入っていて、めいめいに1つを選んで取った。
筒を広げると、それらは様々なデザインのカレンダーである。

スタートの合図とともに、私たちはみな、カレンダーであるその紙筒を部屋の中に隠さねばならない。
鬼に最後まで見つからなかったカレンダーの持ち主が優勝である。

他の紙筒に紛れさせるもの、棚の隙間にすべりこませるもの、広げて床敷きの下に隠すもの、それぞれが工夫をこらして隠しはじめた。

鬼は誰なのか、優勝したら何がもらえるのかは、さっぱり分からない。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
これはいつぞや見た夢のデキゴトです。
ちなみに、私が選んだカレンダーは、「くるねこカレンダー」でした。笑

参考:くるねこ大和(猫まんがブログ)
スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。