FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイモのテープライター
1ヶ月ぶりくらいの更新です。
今月は用事があって「お山で即興」が出来なかったもので…(^^;



今回は、物語というより、文字を使ったツールに関するお話を。

先日、ある本を店頭で立ち読みしている時に、とても懐かしいモノに出会いました。

ダイモのエンボシングテープ・ライターです。

プラスチックのテープにアルファベットや数字の型を1文字1文字押して、作るラベル。型押しした文字が白く浮き出て、独特の味わいがあります。



むかし、むかし。

子どもの頃、これと似たもの(これのオモチャバージョンだったと思います)を持っていた!と、唐突に、そして鮮明に記憶が蘇ってきたのです。

で、その本で紹介されているダイモのテープが何ともカッコよく見えてきて、いてもたってもいられず(笑)、数日後、東急ハンズで本体とテープを手に入れたのです♪

DYMOテープライター01


本体にはいくつか種類やシリーズがあるのですが、カタカナやひらがなの文字盤を入れ替えて使えるスタンダードシリーズ(DYMO 1595)にしました。デザインがリニューアルされて、ちょっと今風になってます。

DYMOテープライター02


テープは9ミリのものを4色(標準装備の黒に加え、青・赤・緑)揃えました。
ネットで探してみると、柄入りのものなど、テープも多彩らしいのですが、やはりこのベーシックなタイプが一番ダイモらしいかも!

ひらがなのフォントもかわいい!
試しに黒のテープに「こんのたんぺんしゆう」と打ってみました。

DYMOテープライター03


「ゃ」「ゅ」「ょ」などの小文字は無いのですが、それもまたご愛嬌。w
文字間隔がちょっとぶれたりするのもアナログな感じでいいです。w

この凹凸が何ともいえません。
DYMOテープライター04



9ミリ幅テープは、全長3メートル。
5文字打つのに約3センチ使うので、テープを全部使えば、500文字の文章が作ることができる計算に……………。



テープの端から端まで使って

短篇作品をひらがなだけで作って、

壁に貼って展示する、



みたいなこと、やってみたい!!!なんて妄想をしています。笑
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。