FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU season2 がスタートします!
今週9月19日(土)の摩耶山リュックサックマーケット(詳しくはコチラ!)にて、再び、即興創作の「物語屋」を開店いたします。

これまでの1年は、五十音の頭文字からお客さまに一文字選んでいただき、そのカナから始まるお題をいただいて、書いてきましたが、無事五十音コンプリートしましたので、今度は趣向を変えていきたいと思います。

さて、次なるキャッチコピーとしましては、


 「お客さまの持ち物で、物語、お作りします」


です。

ご来店いただいたお客さまが身につけておられる"小物"をお題として、いつもの通り毎回のテーマに合わせたお話を紡がせていただきます。
例えば、時計、鍵、どこかでもらったチラシ、どんぐり、携帯電話、ピアス、タオル、本、ネジ、化粧品、などなど、まあ30センチ四方に収まるくらいのものならば何でも構いません。

即興MENU season2 ~小物編、引き続きごひいきくださいませ!

==========
出店時間は気まぐれです(笑)
摩耶山リュックサックマーケットは11時~16時の開催ですが、当店はおそらく12時頃から16時までくらいでやっています。


ちなみに、五十音編の作品集をまとめました。
といっても、クリアブックを利用した簡単製本もどきですが (^^;
山の上に持参しますので、過去の作品(計46作)をご覧になりたい方はご自由に閲覧ください~。

即興MENU製本01

即興MENU製本02

即興MENU製本03

スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

夢104話「カラオケスナック」
こんな夢をみた。

韓国人の経営するカラオケスナックにいる。
ママが一人に、常連客が2人、小さな店である。
少しキムチのにおいがする。
私以外は、おそらく韓国人なのだが、皆、日本語が流暢だ。

カラオケの、ぶあつい曲本を渡される。
ハングルでなんて歌えないのに、どうしよう。
と思っていたら、半分近くが日本の曲だった。

客の一人、中年の男性が歌い始めた。


松田聖子の歌だった。


うまかった。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
これはいつぞや見た夢のデキゴトです。

何がなんだか分からない夢でした。笑
とりあえず、オジサンが歌う聖子チャンはなかなかのものでした~。
オヤジの「赤いスイートピー」…ありかも?(いやいや無し無し。笑)

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

夢103話「黄色いインク」
こんな夢をみた。

女友達と3人で旅行している。
日本の、どこだかは分からないのだが、庶民的な温泉旅館に泊まっている。

夜になって、二人が寝静まったあとに、私はそっと起き出して、手紙を書く。

一緒に旅している二人それぞれに宛てて、1通ずつ書く。
便せんにびっしり埋まるくらい、文字を連ねていく。
その手に持つペンのインクは、なぜか黄色である。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
これはいつぞや見た夢のデキゴトです。

黄色い文字って、読みにくいっっっ!
と、思うトコですが、夢では全然普通に書いてました。笑
手紙には同行の友への感謝のコトバのようなものを書いていたようです。

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。