FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
九分ノ空事_004【三月二十一日】
九分ノ空事_004_ハーモニカ

 ある男の話をしよう。



 晴れていたけれど、風の強い日だった。

 横断歩道のすぐそばにある駅前広場には、信号が変わるたびに多くの人が流れてきて、それぞれが向かうべき方向へと歩いていく。

 ただ、その日に限っては、流れが時折変化をみせた。

 歩いている人が、音に引き寄せられるように、立ち止まり、しばらく曲を吸い込んでまたどこかへ去って行く。人々の視線の先には路上ライブをするバンドグループの姿があった。
 ブルースジャズというのだろうか。音楽には詳しくないのでよく分からない。
 いい感じのリズムを奏で、歌う男性バンドは、私よりもずっと年上の人たちだったが、何だかとてもまっすぐでかっこよかった。

* * * * *

 次の予定までちょっと時間を持て余していた私は、少し離れたところで足を止めて、しばらく彼らの音楽に耳を傾けていた。

 五分ほど経った頃だろうか。
 一人の男が、私とバンドグループの間に立っていた。
 着古したジャケットと帽子、生活道具が入っているであろう旅行トランクほどの大きさのビニールバッグ、年の頃は五十代くらいだろうか。いわゆるホームレスと呼ばれる人であろうことは察しがついた。

 その人は、しばらくの間、ただ立って演奏を聞いていたが、やがてゆっくりと人の流れとともに移動しはじめた。
 私もそろそろ、と思った矢先である。
 彼は広場の脇にある花壇の縁に座ると、荷物を足元に置いて、腰を据えて演奏を聞きはじめたのだった。

 何か意外な気がして、少し驚いていた私の目の前で、またびっくりするようなことが始まった。

* * * * *

 曲が盛り上がってきたところで、おもむろにその人はビニールバッグから何かを取り出し、口にあてると、バンドに合わせて軽快に演奏しはじめたのだった。

 手の中にあるのは、音色から察するに、小さなハーモニカである。

 いきなりセッションされたバンドメンバーたちは、一瞬ぎょっとした顔をしたが、彼の演奏が本物であると即座に感じ取ったらしく、そのまま曲は続いた。

 びっくりしたのは、私とバンドメンバーだけではない。
 通りすがりの人たちも、えっ?という顔で足を次々に止めはじめた。中には「仕込みのパフォーマンスだよ」などと言う声も聞こえたが、私はそんなものではないと思っていた。

 でもたしかに、最初からその人はバンドメンバーの一員であったかのように、自然に溶け込んでいて、プロ級の腕前だった。

 通り一帯を巻き込んで、その人とバンドグループの演奏は続いた。
 おそらく五分か十分ほどの時間だったはずだが、一時間に感じるくらい濃厚な時が流れていた。

* * * * *

 曲が終わると、どこからともなく拍手が起こり、そのうちにアンコールの声も混じりはじめた。

 しかし、その人はハーモニカをバッグにしまい、バンドの人たちにゆっくりと会釈をすると、静かにその場を立ち去った。バンドグループも声をかけるタイミングを失ってしまい、呆然と後ろ姿を見送った。

 何とも言えない不思議な空気感だけが、そこに残っていた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
(あとがき)
知り合いが出演するある路上ライブを観に行った時に、空からおりてきたお話です(毎度毎度、ネタは空から降ってくる気がします。笑)。
このハーモニカ男の物語は実はまだ続くのですが、まずは新鮮なうちにプロローグとして書いてみることにしました。
続きはまたいつかきっと。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
【九分ノ空事(クブノソラゴト)】
九分通り(くぶどおり)=全体の9割までといっていいくらい完全に近い様子。
空事(そらごと)=本当でない話。

たった一分(いちぶ)のホントから生まれた、うそ日記。
つまりは、ほとんどが作り話である。
スポンサーサイト

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

即興MENU#2-015「三線(さんしん)」
即興2-15_三線

 春が来た、と思っていたのにまためっきり冷え込むようになってしまった。着る服をいろいろと調整しないと、油断して風邪をひいてしまいそうだ。

 去年の今頃は、こんなに季節を感じることはなかったと思う。
 体をこわさないのが不思議なくらいの忙しさで、会社と家を往復していると、温度だの季節だのを考えている余裕はなかったのだ。

           * * * * *

 十二月の末に、会社を辞めた。どうしてもやりたい仕事があって、長い間悩んだ末に、失敗してもいいから、挑戦してみたいと思うようになっていた。
 本当はとても不安だった。辞めて一ヶ月は自分のした無謀さを後悔したし、二ヶ月目は行くか戻るかを迷い続けた。
 そんな時は三線を弾いた。習いはじめてすっかりとりこになってしまった沖縄の楽器である。

 そうやって三ヶ月目になると、ようやく心の中も落ちついてきて、次への準備をはじめるスタートラインに立ったのだ。

 天気が良かったので、三線をかついで、近くの川の土手へ出かけた。
 お気に入りの曲を弾いていると、小さな白いものがゆらゆらと落ちて指先にふれた。

 うす桃色の花びらひとつ。

 春が来たな、と思った。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「春が来た」
 お客さまの選んだ材料(=持ち物)で、
 “春が来た”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。

[お客様]…友人のKさん(女性)
[お題]…三線(さんしん)
[創作日]…2010年3月20日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
摩耶山リュックサックマーケットにて)


摩耶山リュックに初めてやってきた友人Kさん。実は三線の同好会のメンバーで、私も沖縄の横笛で参加しているのです(演奏はまだまだまだまだ超初心者級)。
沖縄大好きで毎日とっても忙しく働くKさん。そんなことをよく知っているだけに、どんなお話にしようかなと思い巡らせました。
ちょうど最近、数人の友人から転職の話を聞いたりしたので、私自身が会社を辞めた時とことも思い出しながら、新生活スタートの春らしい物語になればと書いてみました。

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

即興MENU#2-014「マグカップ」
即興2-14_マグカップ

「春が来たね」

 窓辺に置いたマグカップに私はそう話しかけた。

 今朝、庭のチューリップが咲いたのである。赤と黄色が絶妙に混ざり合った、夕焼け空みたいな花だ。

「もう、あれから一年か。元気にしてるのかな」

 私のつぶやきに、白いマグカップがピィピィと鳴いた。去年死んでしまったインコの“ひまわり”そっくりな声で。

           * * * * *

 鮮やかな黄色い羽根をしていたので、ひまわりと名付けた。
 甘えん坊で、元気いっぱいで、ごはんをたくさん食べて、家の中を明るくしてくれていたひまわりが、冷たくなっていた時の私の悲しみは深く、周りが心配するほどに落ち込んでいた。

 弟から届いた荷物には、マグカップが一つだけ入っていた。彼が得意とする花柄の絵付けがされているシンプルな白いカップ。
 半年ほど前に、私がふとカップを持って「ひまわり」と声を発したとき、ピィとカップが応えたのである。驚いたけれども、それよりもなつかしさの方が上をいく。カップとの対話で、私は少しずつ元気になった。

 おそらく、カップの底に何か仕かけをしてあるのだろう。工作が好きだった弟が考えそうなことだ。
 でも私は、カップにひまわりがいると信じている。今日もまた、ひまわりがピィピィ鳴いている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「春が来た」
 お客さまの選んだ材料(=持ち物)で、
 “春が来た”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。

[お客様]…常連のSHOPきつねさん(女性)
[お題]…マグカップ
[創作日]…2010年3月20日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
摩耶山リュックサックマーケットにて)


リュックサックマーケットで、その日に購入したというマグカップをお持ちくださいました。実はこのカップ、光に反応して音が鳴るというシロモノ。その特徴を活かして、主人公の声に反応して鳴くマグカップのお話にしてみました。

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

即興MENU#2-013「こわれかけのデジタルカメラ」
即興2-13_デジカメ


 春が来たなと、リアルに感じるのは、鼻がむずむずしはじめた頃だ。そのうちに目もかゆくなり、メガネとマスク必須の状態になってしまう。

 そう、花粉症である。

 数年前までは、「大変そうだなぁ」と他人事だったのが、一昨年、とうとうヤツは俺の元へやってきた。何歳でも発症するとは聞いていたが、いざ自分がなると、なんてやっかいなんだと思う。
 しかも今年は格別にひどい。早く春なんて過ぎてしまえばいいのに、とまで考えてしまう。

           * * * * *

 ブルーな日々を過ごしていると、さらにヘコむ出来事が起きた。
 買って間もないデジカメの液晶の一部、いや半分近くが何も映らなくなってしまったのだ。
 仕事で使うものではなかったので、すぐに困ったわけではないが、とにかくメーカーに連絡だけは入れておいた。

 年度始めのドタバタで、デジカメの修理交換のことをしばらく失念していた。

 仕事と、花粉症が落ちついた頃に、ようやく取り出してきて、電源を入れてみると、液晶が正常に戻っていた。それからも特に問題なく使えている。

 もしかしたら、コイツも花粉症になったのかもしれない。
 来年の春、またどこか悪くなりそうな気がしてならない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「春が来た」
 お客さまの選んだ材料(=持ち物)で、
 “春が来た”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。

[お客様]…常連Sさん(男性)
[お題]…こわれかけのデジタルカメラ
[創作日]…2010年3月20日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
摩耶山リュックサックマーケットにて)


実際に液晶の3分の1くらいが灰色になってしまったデジカメをお題でいただきました。春、壊れかけ、調子が悪い、花粉症……と連想ゲームのようにつながり、この際ということでデジカメにも花粉症らしいものになっていただくというお話になりました。
とはいえ、本物のカメラの方はそんな簡単に直るわけはないと思いますので、きっとメーカー修理ですよね(^^;

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

今週末です!即興物語屋 at 摩耶山
即興物語屋_原稿用紙タイトル



3月は摩耶山リュックサックマーケットの新年!

山開きの月です。
今年初のリュックは今週末3月20日(土)11~16時。
物語屋「紺」も出店予定です(たぶん昼過ぎくらい)

土曜日は曇り?
ちょっと肌寒いかもしれませんが、お近くにお越しの際はぜひ摩耶山へ!
物語屋にもお立ち寄りいただけるとウレシイです(*^^*)

まだしばらくは「お客さまの持ち物から物語を紡ぐ」方式で進めていこうと思います。


昨年、摩耶山リュックで作った、最新の4作品はコチラ。



※4月のリュックサックマーケットは所用によりお休みいたします。

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

本018話『獣の奏者 1闘蛇編/2王獣編』上橋菜穂子 著
本018_獣の奏者

「獣の奏者エリン」というNHK教育で放送されていたアニメの方が有名かもしれない。何を隠そう、私もアニメから入った派である。
総集編を気軽に視聴していたら、これがとんでもなく引き込まれる内容で、すっかり虜になってしまった。(もう涙が止まらなくて大変でしたよ。笑)
虜になると、今度は原作を読みたくて仕方なくなり、1と2は文庫化していたので本屋で即買いだ。笑


リョザ神王国で、母を亡くした少女エリンが、母と同じ「獣ノ医術師」を目指す成長の物語。
闘蛇という凶暴で巨大なトカゲのような生き物や、王獣という獣と鳥の掛け合わせのような生き物が登場する、架空の国のファンタジーである。
2巻からは王国の起源の秘密に迫る壮大な内容となっている。


ファンタジーなのに、「どこか遠い関係ない国の話」ではなく、「はるか昔、どこかの国で実際にあったこと」のようなリアリティがあるのは、人と生き物たちの命のあり方と、登場人物の心の機微をとてもしっかり描いているからだと思う。

主人公エリンをはじめとする人たちに起こる様々な困難を、ファンタジーだからといって物語は決してご都合主義で解決したりはしない。
その中で人生を重ねていく少女エリンの、強さと弱さと優しさと厳しさは、とても清々しくて、私の心に寄り添ってくる。


私たちが地球上に生かされてる意味を考えてみたくなる一冊


……と言うのは大げさなのかもしれないけれど、王獣と闘蛇の世界にどっぷりと浸かると、本当にそんなキモチになってくるのだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 獣の奏者 1闘蛇編2王獣編(文庫版)
 上橋菜穂子
 2009年8月発行
 講談社 660円/730円
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

これまでに読んだ本のコトをつらつらと紹介していきます。



===============
前記事で管理人宛コメントをくださったKさんへ

お久しぶりです!
テストお疲れさまでした。
こちらこそ、ブログ更新が滞っていてすみません~(^^;

メッセージ的コメントは、「メッセージはコチラから」から送っていただくか、以下にメールいただく方が個別にお返事しやくてよいかと思います。
もしお手数でなければメッセージorメールをくださいませ♪

当ブログへのメールアドレスは
konswords●yahoo.co.jp(←●を@に変えてから送ってください)です!

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。