FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紫陽花とヤモリと回文 at摩耶山リュック
7/16(土)は恒例の摩耶山リュック。
この日、友人と浴衣で森林植物園へ立ち寄り、紫陽花散策をしてから摩耶山へ向かいました。

紫陽花

なので、ちょっと遅めの開店で、お客様はお一人でした。
浴衣で書いたお話です。
 ↓ ↓
●即興MENU#3-029「彩ノ話」





さて、前月にショウザエモンのはんこやさんにオーダーしていたやもりはんこも出来上がっていました!

ヤモリのはんこ

物語屋・紺の目印布旗「本の上のヤモリ」をベースに作ってもらったはんこは、実物の布モノよりもずっとキュートに仕上がっていてもう感激っ♪

今後は作品にこのはんこを捺印させていただきます(^^)

*ショウザエモンのはんこやさんのブログ
 ハンコザエモンブログ





そして回文屋さんなるお店で、回文を作っていただきました。
回文というのは、上から読んでも下から読んでも、のアレです。
お題をもらって回文作りをされています。
物語屋としてもとっても親近感のわくお店です。
「紺」の一文字でオーダーしてできあがった回文がこちら!

回文

こんな長い文章で回文、すごい!
何だか絵が浮かんでくるようなステキな回文です。
回文屋のアリクシさん、ありがとうございました!

*アリクシさんのブログ
 冥宮のトビラ





8月もトワイライトリュックで15~19時開催。
16時頃に出店予定です。
みなさん、また摩耶山でお会いしましょう~(^^)/
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

即興MENU#3-029「彩ノ話」
即興3-29_彩

 紫陽花の季節となった。今年もそろそろ私の出番である。
 早朝、まだ一番鳥も鳴かぬ頃、いそいそと準備をして山に登る。

 昨今、街にも紫陽花はあふれているが、やはり山アジサイに限るのである。

           * * * * *

 ほどなく山の中腹に到着する。
 ああ、今年もいい色だ、と私は目を細めて、咲き乱れる花たちを見つめる。

 まずは赤紫のを。濃い花、いや本当は花のような部分ががくなのだが、それらを両手で包みこんでそっと押しつぶす。赤紫色の液体がさらさらと流れて、下で受けたビンの中にたまってゆく。

 継は水色を、その次は濃い青紫のを、ピンク、白、と順にためていくのだ。
 歩き回って集めて液体は、十色ほどになった。

 これをまた小さなチューブに移しかえ、その頃にはいい感じの粘りが出ているのだ。

           * * * * *

 小さな画材屋で、期間限定で売られる水彩絵の具は、ひそかに人気の商品となっている。
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「紫陽花」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “紫陽花”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(漢字ノ話・五十三次シリーズ)

[お客様]…Aさん(男性)
[お題]…彩(さい・いろどり)
[創作日]…2011年7月16日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


メニュー「紫陽花」に似合う漢字お題「彩」の一文字をいただきました。
ちょうどこの日は神戸市立森林植物園に紫陽花を見にいってきたところ。
摩耶山上にもたくさんの紫陽花が咲いていました。
紫陽花の繊細な彩りを思い出していたら、こんな絵の具あったらいいなという気持ちになったのでこんなお話に。
紫陽花の色はこの季節だけのお楽しみ、ですね。

「一番鳥」は本来「一番鶏」なのですが、山鳥イメージであえて鳥に。

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。