FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興物語・摩耶山特別編!と、よみラジ出演!


年末進行ですねー。



年賀状とか、書かれました?
私はまだデザイン描いてる段階です。。。(毎年こんなペースです)


さて。
2012年最後の摩耶山リュックサックマーケット


11月17日開催予定のはずが天候が荒れてしまい、「史上初の延期」で24日の開催となりました。
延期となったのは、現在の二代目ケーブルカーとのお別れを摩耶山リュックの参加者のみんなにもしてもらいたい!という事務局の思いから。
今年11月末で二代目摩耶ケーブルカーが引退して来春から新しい車体になるのです。
そしてその思いは参加者みんなの思いでもあったはず。

思い通じて24日は雨にはならず、寒かったけれど風は控えめ、そして見事に色づいた紅葉が二代目ケーブルカーに華を添える、ステキな一日でした。
さすがだ!w

摩耶山紅葉


この日の即興物語屋は、二代目ケーブルカーへの思いを込めての特別編。

「ま」「や」「ケ」ー「ブ」「ル」の5文字を頭文字に設定して
お客様からお題をいただきました。
書き出しはすべて「摩耶山(まやさん)」です。
そして表紙もつくという特別仕様〜♪

ケーブル色にちなんで赤系と緑系の2種類。(ほんとはあずき色がよかったのだけどいいのが見つからず)

即興物語屋

お楽しみいただければ幸いです。



●即興MENU#摩耶山編1「ルビーの指環」


●即興MENU#摩耶山編2「やま」


●即興MENU#摩耶山編3「ケータイデンワ」


●即興MENU#摩耶山編4「まぁるい地球」


●即興MENU#摩耶山編5「ブール」




<お知らせ!>

いつも作品を朗読していただいているPodcast「よみラジの時間」
先日ゲストでお邪魔してまいりました!
2回目の出演で前回よりもリラックスしております、私w
10月に公演を行った音語り座マカロンのことや、即興創作のことや、大掃除のこと、あと女子力が低いこととか(笑)、いろいろおしゃべりしています。
作品も2つ読んでいただきました!
よかったらダウンロードしてお聞きくださいませ♪

「よみラジの時間」ゆく今年くる来年2012…のvol.40
http://yomiradi.seesaa.net/article/308391582.html


スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

即興MENU#摩耶山編5「ブール」
ブール

 摩耶山で出会ったのである。
 ペタンクという、スポーツに。

 週末になると山上で、玉をぶつけあって、転がして、
 何だか不思議なことをしているグループがいるので、遠くから眺めていた。

 どんどん気になっていく。
 気になって近づいていったらそのうちに向こうから

「一緒にやってみませんか」

 と声をかけてくれた。

 そうして私もすっかりとペタンクにはまってしまった。

 鉄球を転がして、カーリングのように的に近づけていく。
 計算しながら、でも計算通りにはいかず、そこがたまらない。

 そのうちに自主練にも力が入るようになった。

           * * * * *

 あまり人のこない広場で、鉄球を投げて投げて夢中になる。

 ある日、背中に視線を感じてふりかえると見馴れぬ者が立っていた。
 外国の人かな、と思いかけて、はっとなる。
 皮ふの色が緑色なのだ。

 その、人らしきものは、私の頭の中に直接話しかけてきた。
 燃料が切れたので、その銀色の丸い玉を一つゆずってほしいと言うのだ。

 ブールを?

 と私も頭の中でこたえる。

 ペタンクではボールのことをブールと呼ぶのだ。

 明日の練習で、一つ足りないブールのわけを、皆にどう説明しようか。
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「摩耶山」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “摩耶山”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(二代目摩耶ケーブルさよならリュック特別編)

[お客様]…Tさん(男性)
[お題]…ブール
[創作日]…2012年11月24日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


私が知らない単語は基本的に受付ませーん、なので、今回も
「え? ブール? それ知りません」ってなりかけたんですが、
ペタンクのボールのことだと教えてもらってああ!と納得。
あ、そもそもペタンクを知らない方も多いかな?(ググってね!笑)

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

即興MENU#摩耶山編4「まぁるい地球」
まぁるい地球

 摩耶山に、娘をつれて遊びに行った。
 紅葉もきれいだし、今日は天気もいい。
 ケーブルカーやロープウェーに乗って、娘もゴキゲンだ。

 山上に着くと、あちこち走りまわったあとに、
 枝や葉や石や、いろんなものを集めてきて、何かをつくりはじめた。

 小さな子は、どんなものでも、どんな場所でも、
 すぐに遊びに変えてしまう。

 土を寄せ集めて何かこねているようだ。

「みぃちゃん、何つくってるの。パパにおしえてよ」

「まーだーひーみーつー」

そんなことを言ったのに、娘はこたえを歌ってしまう。

           * * * * *

「まぁるい まぁるい まぁるい ちきゅう。
 まぁるい まぁるい まぁるい おつきさん」

 まんまる土だんごの地球に、娘は紅葉の切れはしや、枝でもようをつけていく。

「これね、みぃちゃんち」

 指さすところに小石がはめこまれていて、
 こちらを向いた前髪に、小さな紅葉がくっついていた。

 オレは今、すごく幸せだ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「摩耶山」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “摩耶山”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(二代目摩耶ケーブルさよならリュック特別編)

[お客様]…お向かいの出店者さん
[お題]…まぁるい地球
[創作日]…2012年11月24日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


とてもかわいいお題をいただきましたが、実はこのお題の他にもう一つ候補があって、それがお客様のお母様のあだ名でした(笑)
そっちも結構面白かったかなぁ〜って思ったりしてますw

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

即興MENU#摩耶山編3「ケータイデンワ」
ケータイデンワ

「摩耶山でちゃんとつながりますよ」

 そのケイタイショップ店員は、
 ものすごくマニアックな説明をしてきたのだが、
 そのマニアックぶりが反対に気に入ってしまったので、
 すすめられたケイタイデンワを買うことにした。

 そしてその頃。
 山で電波がなかなか入らなかった頃。
 たしかにしっかりと使えたのだ、摩耶山で。

 それほど山に行くわけではなかったが、
 誘われて軽く山登りに行くこともあり、そのたびに重宝した。
 どんな山奥でも使えたのだ。

           * * * * *

 何年、いや十何年の年月が流れ、
 私はもう山に行くことはほとんどなくなり、
 ケイタイも三度買い換えた。

 あの山ケイタイも記念に残してあったが、
 バッテリーはすっかりなくなり、もう単なるオブジェである。

 久しぶりに摩耶山に行くことになった。

 私は何となく、オブジェと化したあのデンワをポケットに入れていた。

 ケーブルに乗った時、突然ポケットの中がふるえた。
 あのケイタイに電源が入ったのである。

 その後、ケイタイは「摩耶山でしか使えないデンワ」と化した。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「摩耶山」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “摩耶山”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(二代目摩耶ケーブルさよならリュック特別編)

[お客様]…SHOPきつねさん(女性)
[お題]…ケータイデンワ
[創作日]…2012年11月24日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


摩耶山で携帯電話といえば、私はド○モなんですけど、何年か前までは本当につながらなくてつながらなくて。w
それがある時、急に東屋とかでもアンテナ3本になったんですよね〜。
そんな頃を思い出して書きました。

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

即興MENU#摩耶山編2「やま」
やま

「まやさん、にしようかねぇ」

 カミサマはぼそりと言う。
 もう一人のカミサマはきく。

「なんでまやなのかね」

「だってこれはやまだろう?
 私は作った山の中で、これが一番気に入ったんだ。
 これが山の中の山だ。

 そっちの高いのはどうかって?
 まあ姿形はなかなかのもんだがね、
 高けりゃいいってもんじゃないんだ。まあ、二番目だな。
 だから二二(ふじ)山にするさ。

 おっとこっちの山の話だったな。
 だからさ、山の中の山なんだ。
 もう、山って、名付けたいくらいなんだ。
 でもそれもちょっと粋じゃないからね、
 逆に読んで、まや、さ。
 どうだい、いいだろう?」

「そう言われると良く見えてくるな。
 たしかにこの山の形はいいね。おまえさんが作る山はどれもいいねぇ。

 さて、私もそろそろ仕事の続きだな。
 そのまやさんのそこらへんから川をつくりたいんだが、いいかね…」

           * * * * *

 まやさん、が、摩耶山、と表記されるのは、まだもう少し先のこと。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「摩耶山」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “摩耶山”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(二代目摩耶ケーブルさよならリュック特別編)

[お客様]…Kさん(男性)
[お題]…やま
[創作日]…2012年11月24日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


だじゃれか!
と突っ込まれそうですが、まあちょっとした言葉遊びですw
やま=摩耶 ふじ=二二 がぱーっと浮かんできたので思わず。
カミサマ、結構アバウトだなぁ(笑)

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

即興MENU#摩耶山編1「ルビーの指環」
ルビーの指環

 摩耶山に出かけた。
 紅葉が見頃だというので、ちょっと秋を楽しみに行こうと思ったのだ。

 今年は紅葉の当たり年なのだろうか。
 それはそれは見事に染まった葉っぱたちが、私を迎えてくれた。

 赤、とか、だいだい、とか、
 そんな単純な言葉では、言い表せない彩りが、木の枝にも足下にも広がっていた。

 来てよかったなぁと、しばしうっとりとながめた。
 落ち葉も、この時期だけは美しいと思える。

 いろんな紅色黄色に色づいた葉が、びっしりとまるでじゅうたんのようだ。
 そのじゅうたんの中に、きらりと光るものが見えた気がした。

 しゃがんでよく見る。

           * * * * *

 あ、と思わず小さな声がもれた。
 そこには紅葉の赤さに負けない、鮮やかな赤い石がついた指環が埋もれていた。

 なんてきれいなんだろう。

 思わず拾い上げると、そっとはめてみる。
 私の薬指になぜかぴったりとはまった。

 いい心持ちになって少し目をとじた。

 次に目を開いたときには、指にあるのはまっ赤なかえでの葉が一枚。

 指環の姿はどこにもない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「摩耶山」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “摩耶山”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(二代目摩耶ケーブルさよならリュック特別編)

[お客様]…Aさん(男性)
[お題]…ルビーの指環
[創作日]…2012年11月24日(土)
[創作場所]…摩耶山 虹の駅
(摩耶山リュックサックマーケットにて)



お題としてはあの歌でいただいたのかもしれませんが、書いたものはあの歌ではありません(笑)
あ、もうあの歌を知らない年代もたくさんいるんですよねきっと(爆)
ルビー石の赤さから素直?に紅葉に結びつけてみました。
この日の、摩耶山の紅葉は本当に素敵でしたよ〜♪

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

霜月レポート
毎日最低気温が更新されているのではないかと思うような寒い日々が続きます。
みなさま風邪など召されていませんでしょうか。
とかなんとか言ってる私が実は軽く風邪っぴきでした…(笑)
もう元気です♪


11月はなんか盛りだくさんで落ち着かなかったために、すっかりブログの更新が止まっていてすみませんでした。



・11/17(土)の摩耶山リュックサックマーケットは雨天で史上初の延期

・11/18(日)は摩耶山ブックカフェ
 『エルバーからの届けもの』が山に出張展示

エルバーからの届けもの摩耶山

エルバーからの届けもの摩耶山

強風だったので床置き展示ですが、いろんな方に見ていただきました。

・11/24(土)は2代目摩耶ケーブルのお別れイベント+摩耶山リュック

即興物語屋は「さよなら2代目摩耶ケーブル〜特別編」として
 「ま・や・ケ・ブ・ル」を頭文字設定でお題をいただいて創作

摩耶山リュックサックマーケット

紅葉を堪能した摩耶山リュックサックマーケットでした。

・11/25まで走っていた社会実験バス・坂バス
 (JR灘駅〜水道筋商店街〜摩耶ケーブル下)
 にできるだけ機会を見つけて乗る日々

・紅茶・緑茶の専門店「ルピシア」のショートストーリーコンクールで
 佳作をいただきました。
 中川紺『虹色の記憶』という作品です。
 よろしければ以下のサイトでご覧くださいませ♪
(佳作104作品がずらっと。拙作は右端の中程にあります)

  ルピシア クリスマス特集サイト2012
  http://www.lupicia.com/xmas2012/ssc/index.html



そんなこんなで師走です。
即興物語の更新、もう少しお待ちください。
立て込んだ作業が片付き次第、順次やりたいと思っています。

あ、年賀状向けの干支話をも考えなきゃ。
来年は巳年ですね。ヘビなお話、何にしようかしら♪

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。