FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
即興TOWN #19「SKIM」
即興TOWN_skim


大きな大きな湖がある。

このまちの人は毎朝そこに行くのが、

日課になっている。

湖の水の上澄みだけを、

そっとすくって桶にためる。

病気が治ったりするわけではないが、

水面すれすれのところを歩けるようになるのだ。

まちのあらゆるところを流れる川を、

おかげでみな渡ることができる。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
skim【スキム】
[動] (1)…をすくい取る、上澄みをすくう
(2) …をかすめる、すれすれに飛ぶ
(3) (本など)をざっと読む
[名] 上澄み
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
これは5分で作る即興掌編。
書いたら最後、手直しは一切無し。
さて、どうなるのやら。。。

◎条件(手順)は下記の5点。
手順1:辞書からAからZがつく単語を1分以内に選ぶ。
手順2:その単語を架空のまちの名前とする。
手順3:架空のまちのお話を4分程度で書く。
手順4:字数は100字程度。
手順5:書き直しは一切しない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック