FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
即興MENU#004「手ぬぐい」
即興004_手ぬぐい

 箱をあけると、何やら布のようなものが、入っていた。とり出してみると、ちょうど首に巻けるくらいの、長方形の木綿である。

 白地に水玉の模様が青で染め抜いてあり、俗に言う”手ぬぐい”であると分かった。
 ちょうどスカーフのかわりになるものが欲しかったので、その日は水玉手ぬぐいを巻いて出かけた。

           * * * * *

 翌日、箱をあけると、やはり布のようなものが入っていた。とり出して広げてみると、白地に春野菜が緑で染めてあった。
 ちょうどお弁当を包むものが欲しかったので、くるりと包んで出かけた。

           * * * * *

 その翌日、箱をあけると、またもや布が入っていた。黒地に白で染め抜いてある柄は、まさに箱そのものだったので、迷わず箱を包んだ。
 包んだ瞬間、箱は闇に消え、それから二度と現れない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「箱の中」
 お客さまの選んだ材料で、
 箱にまつわる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。

[お客様]…大阪から来られた女性
[お題]… 手ぬぐい
[創作日]…2008年5月17日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台
摩耶山リュックサックマーケットにて)


材料(お題)選びのためのくじで「FREE」が当たりましたので、自由に考えていただきました。
私が首に手ぬぐいを巻いているから、ということで、「手ぬぐい」がお題となりました。手ぬぐいフェチの私としても(笑)、うれしい限りかも。
出来上がりの作品も読んでいただき、「シュール感」を感じていただいたようです。w w
非日常な気分を少しでも楽しんでいただけたならば幸いです。
この作品は手書き段階での誤字は無し。ホッとしました。笑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック