FC2ブログ
書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
即興MENU#2-017「三板(さんば)」
即興2-17_三板

 芽が出た。ようやく芽が出た。

 種を植えてから一ヶ月、あまりに何も変化がないので、くさってしまったのか、元々ハズレの種だったのかと、もうあきらめていた矢先だった。
 
           * * * * *

 そもそも種自体、かなりうさんくさいシロモノだ。
 沖縄に旅行した時、ふと迷い込んだ路地にあった古道具屋で、酒器を一つ買ったら、おしつけられたのである。しかも見たことのない銘柄の泡盛とセットになっていて、種を植えたら毎日欠かさずその泡盛をキャップ一杯土にかけるようにと説明を受けた。
 何もかもがうさんくさい。しかし「沖縄が好きなら必ず満足する」と店主の男が自信満々で言うので、引き受けることにしたのだ。
 
           * * * * *

 そのあやしい植物は、家の小さな庭でぐんぐんと育っていった。枝ぶりや葉の形からは種類を特定することができない。

 いつしか私の背丈ほどの大きさになり、ハイビスカスに似た黄色い花を一つだけ咲かせた。花が落ちると実がふくらみはじめた。
 握りこぶし大の実は、立方体という何とも珍しい形をしていた。

 収穫できたその四角い実に、ナイフの刃をあてて割ってみる。
 からの内側には真綿のようなものがびっしり生えていて、それが四角い三枚の板を包んでいた。

 これが、私と、この楽器…三板との出会いである。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「芽が出た」
 お客さまの選んだ材料(=持ち物)で、
 “芽が出た”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。

[お客様]…Sさん(男性)
[お題]…三板(さんば)
[創作日]…2010年5月15日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台
摩耶山リュックサックマーケットにて)


常連のお客さまSさんです。今回は沖縄の楽器「三板(さんば)」がお題。
写真にあるように、板を組み合わせたカスタネットのような楽器です。
前回(3月)に同じく沖縄楽器の「三線(さんしん)」というお題も別のお客さまからいただいたとこですので、三線と三板で、沖縄楽器セットですね(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック