書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興TOWNを本のカタチに
最近、TOLOTというフォトブックサービスを知って、ちょっと試しに活用しはじめています。

フォトブックサービスTOLOT
http://tolot.com/


TOLOTの特徴は、何といってもその価格。


文庫本サイズ


64ページフルカラーが


1冊500円(送料・税込み)




なのです!


もちろんこれだけ激安(フォトブックとしてはかなりのお安さ)になるには、いろいろ制限もあります。
サイズとページ数は上記1タイプだけだし、表紙は決められたデザイン(現在68種類)から選ぶので写真を入れたりはできません。
文字も1ページあたり140文字まで入れられるのですが(twitterとおんなじ)、フォントやサイズは固定で、選べません。

でも制限も時には、作る側があまり考えずにシンプルに使えるという面もあり。
写真だけで64ページ埋めるのは案外大変ですけど、余白や文字も適宜はさんでいくとイイ感じに仕上がります。
まあ、とにかくお手軽感がとっつきやすいです。

で、このたび

「即興TOWNシリーズ」をフォトブック化


してみました。


ただ、文章部分が1話140文字ではとてもおさまらないので、Illustratorで文章を配置したものをJPEGで書き出すことで、画像で文字を入れることにしました。
やや手間はかかってますが、こういう作業は好きなので苦になりませんw

作ったフォトブックは只今注文中。
おそらく1週間以内には届くと思われますので、また届いたら出来をご報告したいと思います。


ちなみに、イメージはこんな感じです。
  ↓  ↓  ↓

TOLOT1


TOLOT2

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。