書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#4-01「マトンカレー」
マトンカレー

 白いシャツが、ぱりっとした白いシャツが、とても似合う人だった。

 その白シャツに惚れてしまったといってもいいくらいに、彼女と白いシャツはぴったりと合っていたのだ。

 公園で一人でお昼を食べているところを見ると、おそらく近くの会社で働いているのだろうと想像できたが、それ以上のことはなかなか分からなかった。
 なのでボクも時々、公園ランチをして、顔を合わせてみたりして、少しずつ、ほんの少しずつ、距離を縮めていった。

           * * * * *

 ある日、ボクは勇気を出して彼女をランチに誘ってみた。
 近くのおすすめの店で、いかがですか、と。

 困ったような顔の彼女にことわられながら、しまった、と思う。
 距離が近づいたと思ったのは自分の都合のいい思い込みだったのだ、と。

 だから翌日、彼女の方から声をかけられて、びっくりした。

「昨日は、その、お弁当持ってたし、それに、シャツ汚したらどうしようとか思ってしまって。今日は大丈夫です。いかがですか」

 ボクらは並んでカレー屋へ入る。
 彼女のシャツは濃紺で、それもとても似合っていた。

「私、本日のカレーで」

 彼女は言う。

 本日のカレーは、マトンカレーである。
 ボクももちろん、同じものにした。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「白」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “白”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(食卓五十音シリーズ)

[お客様]…カラピンチャの奥さん
[お題]…マトンカレー
[創作日]…2012年7月21日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


このシリーズ最初のお題は、スリランカカレー店・カラピンチャの奥さんから。この後、マスターであるダンナさまからもお題いただきましたw
マトンとは、なかなかマニアックなメニューで素敵です♪
いつもはヘンな生きものや設定が飛び交う即興物語ですが、久しぶり?にちょっと恋のさわやか話にしてみました〜。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。