書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#4-03「うなぎ」
うなぎ


「白いってどういうことだ?」
「いやだからさ、自分の目で見てみろよ」

 漁師たちはざわざわひそひそと話している。
 しかし実際に目の前に出されると、うっと言葉を失う。

 水そうの中には、真っ白な、うなぎが、ぬるりとおよいでいるのだった。

           * * * * *

「さて、どうするよ」
「どうするって、白いうなぎなんぞ見たことねぇよ。お前、こいつをさばいてみるか?」
「冗談じゃねぇよ。白蛇様みたいに神様の使いだったらどうするんだよ。とんでもない天罰が下るに違いねぇ」

 その思いは、どの漁師も同じである。
 信心深いこの村の者に、白いうなぎは何となく恐れおおいものに感じられた。

 その後、白うなぎは放されたが、以降、とってとっても、白いうなぎばかり。
 村は、うなぎをとることをやめてしまった。

           * * * * *

 深い深い水底で、うなぎたちがささやきあっている。

「ほら、すごいだろう。白いだけでやつらにもうつかまらない」
「ほんとうだ。これからはこいつを着ておよぐとするか」

 かたわらには、脱ぎすてられた白い皮が、何枚も何枚も、ゆらゆらとゆれている。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「白」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “白”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(食卓五十音シリーズ)

[お客様]…常連のTさん(男性)
[お題]…うなぎ
[創作日]…2012年7月21日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


美味しいお題をいただいたけど、全然美味しくない話になったなぁという感じですね(笑)
白い皮を着たうなぎ……ムーミンのニョロニョロみたいなものかもw
そういえば、深海魚にはたしか白いメクラウナギなどもいましたが、あれももしや皮を着て……(違っw)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。