書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#4-06「ねぎトロ」
ねぎトロ

 白いごはんにたっぷりとかかったネギトロ。
 大盛りのネギトロ丼を前にして、男は満面の笑みを浮かべている。
 彼はネギトロが大好物なのだ。

 ものすごい勢いで、ネギトロ丼をかきこむと、口いっぱいにネギトロをほおばり、「毎日ネギトロでもいいなぁ」とふと考えてしまったのが、どうやら原因らしい。

 翌日から男の前に、ネギトロが次々と現れるようになった。

           * * * * *

 トーストとコーヒーを用意していたはずの朝食の食卓には、ネギトロの軍かん巻きとマグカップいっぱいのネギトロ。
 焼いたトーストも、マグカップの中のコーヒーも、姿を消していた。

 訳のわからないまま、作り直し、正体不明のネギトロは、さすがに気味が悪いと捨ててしまった。

 時間を気にしながら洗面所へ向かい、ハミガキチューブをぎゅっと絞ってあぜんとする。
 出てきたのはネギトロだ。

 ふと鼻先にマグロの香りがただよってくる。
 浴室からだ。

 おそるおそる浴そうのフタをめくってみる。
 そこには満杯のネギトロが……。

           * * * * *

 うあぁ、と叫んだところで、目が覚めた。

 時計を見ると、会社の始業時間はとうに過ぎていた。

 その後しばらくは、男はネギトロを口にしなかったという。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「白」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “白”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(食卓五十音シリーズ)

[お客様]…Rくん(小学生男子)
[お題]…ねぎトロ
[創作日]…2012年7月21日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台

※摩耶山リュックサックマーケットは雨天で公式中止となりました。
 が、自主メンバーによる闇リュックが開催されました♪


小学生男子、なぜこんな渋いお題ばかり(笑)
ネギトロ好きのRくんに、たっぷりネギトロを堪能していただこうと書いてみました。
後で読んだ感想を聞くと、どうやら大ウケしてくれたみたいで、いやーよかったよかったw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。