書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#4-10「すいか」
すいか

「青いのがあってもいいじゃんかよぅ」

 若い男が、多少ろれつのまわっていない口調で主張する。
 すいかの話、である。

「赤と黄色があるんだからよぉ、青もつくってみろってんだよぅ」

 酔っぱらいの話なんて、ほんとにどうでもいいことで盛り上がるものだ。
 男はやたらと青いすいかを声高に叫び続けた。周りのメンバーはうんざりした顔で、適当にあいづちを打っていた。

           * * * * *

 翌日から、男の手にふれたすいかは青くなった。

 置いてある時は赤くても、男がさわると見る間に青くなってしまうのだ。
 まるで「お前が青いすいかを欲しがってただる」と言わんばかりに。
 しかし青い実は、その色は、まったくもって食欲をそそられないのだった。

 うわぁ、と声をあげたと同時に目がさめた。

           * * * * *

 そこはまださっきの居酒屋である。
 夢か、とため息をついた。

 デザート、どうぞ。と運ばれてきたものは、まっ赤に熟したすいかだった。
 男はおそるおそる手をのばす。
 すいかの色は赤いままだ。

「青いすいかなんていらねぇよ」

 そう言いながら、勢いよくかじりついた。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「青」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “青”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(食卓五十音シリーズ)

[お客様]…すいか
[お題]…Sさん
[創作日]…2012年8月18日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台

※摩耶山リュックサックマーケットは雷雨で公式中止となりました。
 が、自主メンバーによる闇リュックが開催されました♪


うっかり言ったことが現実になって苦しむシリーズ(笑)ですw
やっぱり青いすいかって、ナシですよねぇ〜。
でもせっかくなので、赤・黄・青と、信号みたいに並べてみたかったかもw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。