書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#4-12「たこ焼き」
たこ焼き

 青いの、赤いの、ラメ入り、しましま。

 四角い缶のフタに並べられた色とりどりのスーパーボールを、ころころと回転させながら遊んでいる。

「たこ焼きくださいなー」
「はーい、ちょっとまってねー」

 幼稚園くらいの女の子と男の子が楽しそうにやりとりをしている。
 夏祭りの屋台でたこ焼きを食べたのだろうか。
 店の人の手さばきが面白く見えたのかもしれない。

 かわいいね、たこ焼屋さんごっこしてるよ。
 そんなことを言いながら、通行人がほほえましく見ている。 

           * * * * *

「こんにちは。おいしそうなたこ焼だねぇ」

 老婆が子どもたちに声をかけた。
 知らない人には気をつけるように言われているけれど、その人は全く悪い人に見えなくて、子どもたちも思わず「いらっしゃいませー」と返してしまった。

 「もっとおいしくしてあげようか」
 と、老婆は指先をすっと向けた。
 するとボールはほかほかの本物のたこ焼になったのだった。

「すごーい、どうやったの!」
 と、はしゃいでいた子どもたちは、しばらくすると、元に戻してと泣きはじめた。
 あれはお気に入りのスーパーボールだったのだ。

 ボールに戻して、老婆は去りながら、「魔法も使いづらくなった」とため息をひとつ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「青」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “青”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(食卓五十音シリーズ)

[お客様]…初来店の女性
[お題]…たこ焼き
[創作日]…2012年8月18日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台

※摩耶山リュックサックマーケットは雷雨で公式中止となりました。
 が、自主メンバーによる闇リュックが開催されました♪


たこ焼きとスーパーボールのイメージがふっと重なったので書いてみました。
偶然にも、お客様がリュックに来る前にお子さんとスーパーボールで遊んでいたそうで、書いてからそれが分かって何だかびっくり。
見えない何かが共鳴したのかしらん?w
それにしても魔法使いのおばあさんもいろいろご苦労があるようで(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。