書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#4-23「ヤクルト」
ヤクルト

 黄色いカバンに楽譜と筆記具と手帳とケイタイ電話と化粧ポーチと、そして、あれを。

「よし」

 と声に出して、気合いを入れると私は会場へ向かった。

 今日のお客さんはどんなかんじかしら、と想像してみる。
 地方の小さなホールでのコンサートだけど、私をリクエストしてくださったことが本当にうれしい。

 今日もいい演奏ができますように、と自分の指先に祈りをこめた。

           * * * * *

 会場は、古いけれど、きちんと手入れがされたホールで、そこが何とも好ましい。ここで弾けるのはうれしいな、そう思った。

 設置されたピアノもていねいに使われてきたことが分かった。

           * * * * *

 本番前、楽屋で深呼吸する。
 カバンから、ヤクルトをとりだしてくぴっとのみ干す。

 小さい時、発表会のきんちょうをほぐそうと、母がいつも用意してくれたのがヤクルト。

 私には、いい演奏をするためのジンクス。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「黄色」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “黄色”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(食卓五十音シリーズ)

[お客様]…二度目のご来店の女性
[お題]…ヤクルト
[創作日]…2012年10月20日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


ものすごくピンポイントな商品がきました。
ヤクルト系の飲み物、子供の頃よく飲みました。
ちなみに私はローリーエース派でしたw
ピアノの発表会で緊張してミスばかりしていた私も、こういう何かがあればうまくいったりしたのかしら(←ただの練習不足なので無理!w)
そんなことを思いながらの作品♪
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。