書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#4-25「ちりめんじゃこ」
ちりめんじゃこ

 黄色っていうか、金色に近いよな。

 そう思いながら、オレはそいつをつまみあげる。

「かたいな」

 ちりめんじゃこだから、それなりに干されてかたくなっているものだが、そんなかたさじゃない。

 よくちりめんにはいろいろな小魚やエビやタコがまざっていたりはするけれど、どう考えてもこいつは金のちりめんじゃこ。
 どうやったらこんなものが混ざるんだか……。

 あまりによくできているので、大切にとっておくことにした。

 その後、不定期にだが、似たようなことが何度も起こった。

 また現れるかもしれない。そう思うと、白いごはんにちりめんをかけて食べることがちょっと楽しみになった。

 店頭で売られている時には、絶対見つけられないのだ。

           * * * * *

 ある時、ちょっとお金に困ったオレは、例の金のちりめんじゃこを売ってみようかと考えた。
 もうだいぶ、たまっていたのだ。

 でもすぐに、やめようと考え直す。

 誰かに見せた途端、元のちりめんじゃこに戻ってしまう気がしてしかたない。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

本日の創作メニューは「黄色」
 お客さまの選んだ材料(=漢字)で、
 “黄色”ではじまる短いお話を
 お作りします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
(食卓五十音シリーズ)

[お客様]…初来店の男性
[お題]…ちりめんじゃこ
[創作日]…2012年10月20日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台
(摩耶山リュックサックマーケットにて)


ごはんのお供、ちりめんじゃこ。
ということでいただいたお題ですw
実は、即興物語屋の初期の頃にも、「ちりめん」というお題をいただいたことがありました。こちらもいわゆる「ちりめんじゃこ」のことでした。
同じお題を使いましたが、内容はまったく違うお話に。

よろしければ読み比べてみてください♪
即興MENU#025「ちりめん」
http://kswords.blog76.fc2.com/blog-entry-286.html
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。