書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
展示会のお知らせ『瓶詰め兄弟の本棚』
縁あって、古本屋さんで個展をさせていただくことになりました。
お近くにお越しの際はぜひ。

展示会DM

※クリックで拡大画像


『瓶詰め兄弟の本棚〜中川紺 物語作品展』


日時:2014年2月15日(土)〜2月26日(水)

   「…兄弟は、森の奥の古びた一軒家で静かに暮らしている。
   兄は散歩に出ると小さな何かを手に入れてきて、
   弟はその何かを大事そうにガラス瓶に詰める。
   二人は大きな本棚の前で、
   小さな瓶詰めをどこに置こうかと相談する。
   一番似合う場所を、じっくりゆっくり吟味する…」



古本屋の中にちりばめられた小さなカケラにまつわる小さな物語。
カケラに残された元持ち主たちの記憶を垣間見て下さい。


●催事
2月23日(日)14:00〜19:00(途中休憩あり)
「即興物語屋・紺」
会場に即興物語屋を出店。(1話300円/約15分)
お題をいただき即興で物語を作り、お渡しします。



Profile
中川 紺(なかがわこん)

神戸生まれの物語作家。
まちやモノに潜む小さな物語を紡ぐ。
摩耶山リュックサックマーケットで書いた即興物語は150話を超える。
ブログ「紺ノ短篇集」 http://kswords.blog76.fc2.com/
FBページ http://www.facebook.com/nakagawakon


会場:古本屋ワールドエンズ・ガーデン
神戸市灘区城内通5-6-8 1F TEL.&FAX.078-779-9389
info@worldendsgarden.com(@を小文字に)
営業時間:11:00〜20:00



以前リュックサックギャラリーというイベントで展示した作品いくつかに加え、
新たに大幅増員して制作します。(の予定です。汗)
会場はフリーペーパー『灘四季物語』シリーズの発起人である古本屋ワールドエンズ・ガーデンさんです。
ちょうど展示会開催前の2月すぎには、灘四季の冬号(最終号!)も発行されますのでそちらもお楽しみ下さい。

即興物語屋につきましては特に予約等は必要ありませんが、
ご依頼時間が重なった場合、完成までに30分〜1時間程度お待ちいただく場合もあります。
即興といいながらもお湯を注いで3分で完成!というわけにはいかないもので、、どうぞご了承下さい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。