書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
兄弟の即興話〜「三七三ノ話」
瓶詰め兄弟 三七三ノ話


 弟の年れいは、三百七十三才です。
 そう、三百七十三。うそじゃないですよ。

 私? 私は十三才。
 だから弟は私よりも三百六十才も年上になってしまうんだけど、
 でもやっぱり弟なの。

 だってね、見た目はほら、七才か八才くらいでしょ?

 弟の世界は私たちとはちょっとちがうの。
 ここにいるんだけど、弟はとってもとっても時間がはやくに過ぎてしまう世界にいるみたいなの。

 私よりも三百六十年分、たくさんの時間をすごしてきた弟は、私よりもずっとずっとたくさんのことを知っているの。

 だから私が困っている時や、悩んでいる時や、迷っている時には、いつも助けてくれる。

 あなたには見えるかしら、弟が。
 私が大好きな、神様みたいな弟。
 あと何百年かしたら、きっとホントに神様になってしまうかも、しれないわ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
このお話は、
中川紺 物語作品展「瓶詰め兄弟の本棚」の催事にて、
お客様より数字のお題をいただき即興創作したものです。

□執筆日:2014.2.23
□お題:373
□書き出し:弟


改めて読むとこの「私」がある意味かなり普通じゃない感覚ですねw
まあ、私の物語の登場人物は、おおむねどっかのネジが必ず外れているか入れ替わっているかするのですけどね(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。