書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「世にも美しい日本語入門」

物語を書いているから、というわけではなく、日本語はもっともっと大切にするべきだと、ずっと思っている。


日本語、つまり国語


日本語に関するエッセイや対談本を見ると、ついつい手がのびてしまう今日この頃。

この本も、そう。

世にも美しい日本語入門

だって安野さんと藤原さんの対談ですよ。
面白くないわけがない。
あと私的なグッとくるポイントとして、装幀がクラフト・エヴィング商會だということも忘れてはいけない。

ちなみにこのちくまプリマー新書というのは、子ども達や若い人に、今一番読んでもらいたいことを本にしているシリーズ。

大人にとってもとても腑に落ちるタイトルと内容の作品が揃っているので、オススメですよー。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。