書く人・紺の短編作品と書き物雑談。猫好き、本好き、空想好き。写真と言葉と夢から紡ぎ出す、ささやかな物語。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
即興MENU#5-01「あおぞら」
青空


っという間の出来事だった。

夏の日の青空から、そいつは落ちてきたのだ。


おきな大きなゾウだった。

いや、ゾウにそっくりな何か、という方がいいのか…。


うとウリふたつの姿をしたそれは、こう言った。

「これからこの星は我々の楽園とする」と。


くえん、とは何だろう。

得体の知れないゾウ型宇宙人の、有無を言わさぬ口調に、地球の誰もがただ口をつむぐばかりである。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -(完)
これは即興で書き上げた掌編作品。
お客様に「材料」=お題を決めていただき、
短時間で「調理」=作品化するという実験的試み。
実際は原稿用紙等に手書きしたものを、
テキスト化してweb上で公開しています。
明らかな誤字でない限り、書き上げてからの手直しはしないのが原則。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【作品DATA】

 お客さまの選んだ材料(=4文字のことば)で、
 物語を調理いたします。
 それは、
 今日限りの、小さな物語。
 4つの文字は縦読み仕様にもなっています。
(4文字シリーズ)

[お客様]…初来店Aさん
[お題]…あおぞら
[創作日]…2015年6月20日(土)
[創作場所]…摩耶山 掬星台

摩耶山リュックサックマーケットにて)

青空という爽やかなお題なのに、なんて不穏なハナシなんだ(笑)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。